So-net無料ブログ作成

FT執筆陣が占う2016年の世界 [世界情勢]

今日は、FT執筆陣が占う2016年の世界 を取上げよう。

1月1日付けJBPressは、FT(フィナンシャル・タイムズ)の「FT執筆陣が占う2016年の世界 恒例の大予測:原油価格から米大統領選、サッカー欧州選手権まで」を転載したので、一部を除き紹介したい(■は小見出し)。
・新年が手招きする中、本紙(フィナンシャル・タイムズ)は今再び、向こう12カ月間の出来事を予測する恒例の儀式にふける。本紙の専門家と解説者が普段の慎重さを封印し、米国の大統領選挙からサッカーの欧州選手権(ユーロ2016)に至るまで何が起こるかを予想する。
・その前に、1年前の予測の結果をざっと見てみよう。 エド・クルックスは原油価格の続落を正確に予測した。原油価格がすでに半値になった年の終わりだけに、これは勇気ある予想だった。 マーティン・ウルフは欧州中央銀行(ECB)が全面的な量的緩和(QE)を導入すると予測し、その通りになった。 クライブ・クックソンは、2015年末までに西アフリカのエボラ出血熱が根絶されるとの予想を的中させた。ギデオン・ラックマンは、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領がウクライナや欧州で別の地域を併合することはないと述べていた。2014年末の時点でそう公言していた向きは多くなかった。
・外した予測も1つあった。1年前には、英国の総選挙はハングパーラメント(宙づり議会)に終わると予想した向きが多く、本紙のジョナサン・フォードもその1人だった(おまけに彼は挙国一致内閣が作られるとさえ書いていた)。
・これ以外では、本紙は予測の内容ではなく、どんなテーマについて予測をするのかという問題設定でつまずいた。具体的には、「イラク・シリアのイスラム国(ISIS)」の支援によるテロがフランスで発生することを予測できなかったし、ロシアがシリアで軍事行動を取ることも、移民危機が欧州連合(EU)にとって深刻な脅威になることも予測していなかった。2016年にも、まだ本紙の想像を超えている出来事が起こるのだろう。
■ヒラリー・クリントン氏は米国大統領選挙に勝利するか。
・答えはイエスだ。大統領選は流れがころころ変わる選挙、そして記憶にある限り最も見苦しい戦いになるだろう。クリントン氏は共和党の候補者テッド・クルーズ氏から、性格の面で欠点があるとか米国の敵と対峙したときに弱腰になるといった批判を受けるだろう。多くの有権者が、クリントンという名前を今日の米国の悪いところ――そして堕落しているところ――すべての象徴だと見なすだろう。
・だが、選挙というものの勝敗は、まだ中道(あるいは中道の残骸)で決している。クルーズ氏は、ホワイトハウスの主になるには平均的な有権者よりあまりに右寄りすぎるということになるだろう。 世論調査での際どい接戦にもかかわらず、クリントン氏は選挙人団の投票では地滑り的な勝利を収めるだろうし、民主党は議会上院の主導権を奪い返すだろう。しかし、大統領としての第1期は、ひどく2極化したワシントンで始まることになる。「ハネムーン*1」はないだろう。 *1=就任後100日間、議会やメディアが大統領批判を手控える期間のこと)(Edward Luce)
■2016年に予想される国民投票で英国はEU離脱を選択するのか。
・答えはノーだ。国民投票ではEU残留が選択されるだろう。といっても熱意や高揚感を伴った判断ではなく、英国の有権者がもともと持っている良識が最終的に勝るためだ。
・デビッド・キャメロン首相が再交渉で好条件を引き出せるかとか、ブリュッセルへの拠出金を投資や貿易の規模拡大で取り戻せるかといった細かい話はこの際忘れ、離脱論と残留論の主唱者が誰であるかを考える必要がある。
・結局のところ有権者は、ジョン・メージャー元首相が冷静に説いた論理と、英国独立党(UKIP)のナイジェル・ファラージ氏のポピュリズムのどちらかを選ぶことになるのだ。 筆者はメージャー氏の方に賭ける。もしこの予想が外れたら、英国は本当に不穏な時代に直面することになる。(Philip Stephens)
■バシャル・アサド大統領は12カ月後も権力を保持しているか。
・保持している。アサド氏は2016年も、名目上はシリアの大統領であり続けるだろう。実際にはもう国家の支配者ではなく、最大の地方軍閥の地位に滑り落ちているとしても、だ。
・軍事面では、敵である反体制派を標的に据えたロシアの軍事介入という支援材料を得ている。政治的には、数週間前に合意された米国とロシアの計画で18カ月間の移行期間が想定されており、その計画自体もリスクをはらんでいる。 和平プロセスに弾みがついた場合でも、アサド氏はこれを遅らせ、ダマスカスの権力の座にとどまるべく全力を尽くすだろう。(Roula Khalaf))
■イングランド銀行は2016年についに利上げに踏み切るか。
・踏み切らない。イングランド銀行は2016年の大半を通じて利上げをちらつかせ、市場をじらすだろうが、最終的には実行しないだろう。決断の先送りにはそれなりの理由がある。まず、インフレ率は0%からごくゆっくりとしか上昇しないだろうし、賃金の伸びも弱々しい。原油価格は下がっている。財政赤字の削減も好景気の到来を妨げるだろう。
・また、イングランド銀行は政策金利について考える前に、信用規制に関する新たな権限を試したがっている。 さらに、インフレ率が目標値をしばらくの間上回ることがあっても、その影響は限定的だ。
・2016年の後半には行動する決断を下すかもしれないが、仮に決断したとしても、大した変化は生じないだろう。金利に関する限り、英国は2016年以降もしばらくの間、マーク・カーニー総裁の言う「低位が長引く」世界にとどまることになる。(Chris Giles)
■2016年には主要20カ国・地域(G20)から国際通貨基金(IMF)に支援を要請する国が少なくとも1つは出るか。
・出るだろう。同じG20でも、先進国のメンバーは救済を必要としない。公的債務の規模を考えれば、唯一候補になり得るのはイタリアだが、この国は金融の量的緩和をはじめとするECBの施策に守られている。
・G20には新興国も10カ国含まれている。その中には、コモディティー価格の急落で打撃を受けているところがある(アルゼンチン、ロシア、サウジアラビアが典型例だ)。
・巨額の経常赤字を出しているところもある(ブラジルや南アフリカとともに、再び思い浮かぶのがサウジアラビアだ)。 インドと南アフリカはともに、財政赤字が結構多い。また、ブラジルなどその他の国は、財政赤字こそ小さめだが、公的債務の負担は大きい。
・このような不安定要因がすべて該当するのはアルゼンチン、南アフリカ、ブラジルの3カ国だ。この3カ国はストレスにさらされており、最近、財務大臣が交代している。また、アルゼンチンでは新政権が新しいアプローチを公約している。IMFの準備はできている。これらの国々の少なくとも1つがIMFに救済を要請するだろうか? その可能性は高いように思われる。(Martin Wolf)
■アンゲラ・メルケル氏は2016年末にもドイツ首相の座にとどまっているか。
・答えはノーだ。先日の与党・キリスト教民主同盟(CDU)の党大会ではメルケル氏を称えるスタンディングオベーションがあったが、2016年は、同氏が首相として国を率いた長い時代が終わる年になりそうだ。
・2015年だけで約100万人もの難民がやって来たことによるプレッシャーにもかかわらず、あのようなスタンディングオベーションが見られたことは、メルケル氏の雇用が安泰であることの決定的な証拠のように思われた。
・しかしメルケル氏は、受け入れる難民の数を来年は減らすと約束している。そして、この約束は果たすことができそうにない。密航業者の手を借りて必死に逃げのびてきた移民の流入が続くからだ。
・首相の勇気と道義的なリーダーシップに対する称賛は、不確実性と不平不満に取って代わられるだろう。最初に亀裂を入れるのは、押し寄せてくる難民の数をさばききれないと断言している地方政府の反発かもしれない。もしそうなれば、ついにCDU内からメルケル氏に挑む動きが出て、その座が揺らぐことになるだろう。(Gideon Rachman)
■サッカーの欧州選手権(ユーロ2016)で勝つのは誰か。(省略)
■ブラジルのジルマ・ルセフ大統領は、オリンピック(五輪)がリオデジャネイロで始まる前に弾劾されるか。
・答えはノーだが、際どい情勢になるだろう。今のところ、ルセフ氏は恐らく議会で弾劾手続きを阻止できるだけの支持を得ている。しかし、時間が経てば経つほど、ブラジルの景気後退が悪化し、大統領の政治的な支持が低下していく。
・たとえ下院が投票で手続き開始を決めたとしても、弾劾手続きが始まるのは恐らく2月10日になってからだろう。 その後、複雑な手順に丸180日かかると仮定すると、ルセフ氏は8月半ばに弾劾される可能性がある。これは五輪が8月5日に正式に始まった後になる――やれやれ――が、8月16日の高跳びの決勝にはまだ間に合うタイミングだ。(John Paul Rathbone)
■中国は新年に人民元を大幅に切り下げるか。
・イエス。中国には、2016年に対ドルで人民元を安定させておきたいと考える妥当な理由がある。商品貿易の多額の黒字、莫大な外貨準備、そして「レッドバック(人民元の呼称)」が立派な準備通貨であることを世界に示そうとする願望だ。
・だが、人民元はやはり、現在の1ドル=6.48元前後から約7元まで下げる可能性が高い。米ドルが米連邦準備理事会(FRB)の継続的な金融引き締めに支えられる一方で、低迷する中国経済は恐らく、新年に少なくとも2度の利下げが必要になるからだ。
・そのために中国からの資本流出は高水準が続き、通貨に下落圧力がかかる。人民元の軌道は滑らかなものにはならないだろう。2016年は多分に、中国の通貨にとって最も振れの大きい年になる。(James Kynge)
■ジェレミー・コービン氏は今から1年後も英国労働党を率いているか。(省略)
■アベノミクスは2016年に失敗するか。
・答えはノーだ。アベノミクスの実績はまちまちだが、全体としては、日本経済に害よりも大きな利益をもたらした。この状況は2016年も続くだろう。
・確かに、中心となる目標――インフレ率を2%に引き上げること――は達成できなかった。石油価格が急落したために、通常の尺度で測ったインフレ率はまだゼロ近辺で推移している。
・安倍晋三首相率いる政府は、消費税を早計に引き上げることで問題を悪化させた。消費者が支出してくれることを望んでいたまさにそのときに、人々のポケットからお金を奪ってしまったのだ。
・だが、アベノミクスの全般的なリフレ目標は、うまくいっている。 エネルギー価格を除外すると、インフレ率は約1%だ。名目国内総生産(GDP)に対する比率では、公的債務の増加は止まった。日本企業は記録的な利益を計上している。
・安倍氏の問題は、2017年に消費税を再び引き上げると誓ったことだ。危機的な状況が訪れかねないのは、そのときだ。(David Pilling)
■ロシアの陸上選手は2016年五輪に出場するか(省略)
■2016年には、ディーゼルエンジンを搭載した自動車の販売が欧州で減少するか。
・イエス。欧州の自動車購入者はすでにディーゼルエンジンへの熱意を失い始めており、フォルクスワーゲン(VW)が全世界1100万台のディーゼル車について排ガス試験で不正を働くためにソフトウエアを搭載したことが秋に発覚した一件は、販売減少に拍車をかけるだろう。
・欧州の新車に占めるディーゼル車のシェアは2010年の55%でピークを付けており、補助金が減額され、環境に対する影響への懐疑論が高まったフランスでは急激に低下している。
・VWはディーゼルエンジンでは特に規模の大きいメーカーであり、スキャンダル勃発後の11月には主要市場における自動車販売台数が20%以上減少した。2016年には、ディーゼルのシェアが急激に低下し、自動車市場全体の伸びを相殺してしまうだろう。(Brooke Masters)
■北海ブレント原油は年末に50ドルを超えているか。
・イエス。2015年の石油市場は、前年の暴落からの急反発を信じていた人にとって、ひどく厳しいものになった。米国シェール産業の粘り強さとイラクとサウジアラビアの産油量急増は、世界が原油で溢れかえることを意味した。新年には、イランに対する制裁の解除によって、さらに多くの石油が市場に出回る可能性がある。
・それでも、世界中の石油生産業者の財務の厳しさから、各社はプロジェクトの中止と掘削プログラムの削減を強いられ、将来の石油供給が抑え込まれており、そのインパクトが明白になるだろう。
・1バレル50ドルを下回るブレント原油相場は、業界が増大する世界需要を満たすために必要な投資を行うには、低すぎる。世界経済が景気後退に突入しない限り、2016年は石油価格がより持続可能な水準に持ち直す年になりそうだ。(Ed Crooks)
■ジョージ・オズボーン英財務相は「3月予算」で年金の税額控除を廃止するか。(省略)
■2016年はバーチャルリアリティー(仮想現実、VR)がついに離陸する年になるか。
・答えはノーだ。だが、多くの人が初めて、いつの日かあらゆる技術の中でも最も大きな変革を起こす可能性を秘めた技術を体験する年になるだろう。
・VRヘッドセット――別の現実の3D(3次元)バージョンを見るために使われる分厚いゴーグル――を通して見た最初の光景は、大半の人にとっては、忘れられないものだ。しかし、素晴らしいデモだけでは産業は生まれない。
・VRゲームが登場し始めているものの、VR装置用のコンテンツは不足している。また、VRを主流にするアプリケーション――仮想空間で医師を訪れたり、社内会議を開催したりするもの――は現実というよりは夢だ。それでも、VR技術は人々の想像を魅了するはずだ。物理的な現実はもう2度と同じには思えなくなるだろう。(Richard Waters)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/45649

冒頭で昨年の予測を評価しているのは、単なる予測記事を垂れ流している訳ではないという編集方針の真剣さを示しており、日本のマスコミにも見習ってほしいところだ。
個別の予測項目では、EU離脱をめぐる英国の国民投票では、離脱にNOを選択するとの見立てには、一安心である。
メルケル首相の交代は、あれほど大量の難民流入があれば、やむを得ないとは思うが、私自身は評価していたので、いささか残念ではある。
人民元の大幅切り下げは避けられないのだろうが、資本流出増大などの混乱には留意が必要だろう。
アベノミクスへの評価は、私にはやや甘過ぎる気がする。
北海ブレント原油は足元では、1バレル37.94ドルなので、「より持続可能な水準に持ち直す」とみていることになる。筆者は昨年の相場を当てたとはいえ、やや希望的観測といった感がなくもない。
来年の正月での評価が今から楽しみだ。
タグ:ヒラリー・クリントン イングランド銀行 アンゲラ・メルケル JBPRESS アベノミクス FT執筆陣が占う2016年の世界 FT(フィナンシャル・タイムズ) FT執筆陣が占う2016年の世界 恒例の大予測:原油価格から米大統領選、サッカー欧州選手権まで 米国大統領選挙に勝利 選挙人団の投票では地滑り的な勝利 民主党は議会上院の主導権を奪い返すだろう 国民投票ではEU残留が選択 良識が最終的に勝るためだ バシャル・アサド大統領は12カ月後も権力を保持 2016年の大半を通じて利上げをちらつかせ、市場をじらすだろうが、最終的には実行しないだろう 主要20カ国・地域(G20)から国際通貨基金(IMF)に支援を要請する国 新興国も10カ国 不安定要因がすべて該当するのはアルゼンチン、南アフリカ、ブラジルの3カ国だ IMFの準備はできている 首相として国を率いた長い時代が終わる年になりそうだ 移民の流入が続くからだ ブラジルのジルマ・ルセフ大統領 オリンピック(五輪)がリオデジャネイロで始まる前に弾劾されるか 中国は新年に人民元を大幅に切り下げる 中国からの資本流出は高水準が続き、通貨に下落圧力 人民元の軌道は滑らかなものにはならないだろう 全体としては、日本経済に害よりも大きな利益をもたらした。この状況は2016年も続くだろう 問題は、2017年に消費税を再び引き上げると誓ったことだ ディーゼルエンジンを搭載した自動車の販売が欧州で減少 北海ブレント原油は年末に50ドルを超えている より持続可能な水準に持ち直す年に バーチャルリアリティー(仮想現実、VR)がついに離陸する年になるか
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0